ホーム>職人こだわり部屋>■車のロードノイズ対策(デッドニング調整)フロントタイヤハウス周り篇!その1
職人こだわり部屋

■車のロードノイズ対策(デッドニング調整)フロントタイヤハウス周り篇!その1

20156131713.JPG

先のブログでも書いたようにロードノイズ対策で最初に改善する部分は室内ではなく、フロントタイヤハウス(ホイールハウス)内とフェンダー周りのデッドニング調整です。

つまり路面にタイヤが接地するいじょうは路面との摩擦も起こるし、雨天走行だと小石や水しぶきなどがフェンダーライナーに当たり、その騒音がフェンダー内及びダッシュパネル(エンジンルームとの隔壁)に反響して室内側へ回り込みます。

プリウスやプレオなどの場合、カウルトップ内の反響音が室内へ回り込んでいたので序にデッドニング調整をおこなったら想像以上の効果がありました。

 

 

2015921155135.jpg

助手席側の足元奥の様子

 

201561317621.jpg

トヨタ86の例

ホイールハウス(タイヤハウスアーチ部分)に塗布してある樹脂層を剥離してから、鋼板部の制振に最も向いているレアルシルトを貼ります。

 

2015613173753.JPG

画像は右側ですが、凹凸部分にレアルシルトを貼る場合はハンマーなどで内側から外側へ少しずつ叩いて鋼板へ密着させます。

室内側のホイールハウス(タイヤハウスアーチ)のデッドニングをしていない場合はブチル系制振材のSTP Gold Aero制振シートなどを貼っても構いませんが、レアルシルトを貼る場合と同様に鋼板部に塗布してある樹脂層を綺麗に剥離しないと密着せずに剥がれる恐れがあるのと同時に制振効果が落ちます。

 

2015613175646.JPG

スバルBRZ/トヨタ86に限ってではありませんが、サイドメンバー(アッパーメンバー)部分へブチル系制振材を貼ると遮音(防音)効果が増します。

タイヤハウス内にはエプトシーラーのように吸水し易いデッドニング材を貼らない方が賢明です。

 

201561318417.JPG

鋼板部に塗布してある樹脂層を広範囲に剥離しているので、仕上げにレアルシルトの周りをノイズレデューサーで修復しておきます。

言っておきますが、レアルシルトの表面にノイズレデューサーを塗布しても制振効果が増すと言う訳でもなく、ただマスキングをしていないためにレアルシルトの表面も黒く染まっただけの話です・

まぁ見栄えの問題も少しはありますがね(笑

 

2015921111626.JPG

fit3の例

サスペンションタワー周りのデッドニング(制振)が重要です

 

2015921112114.JPG

audi A6の例

他の車両同様、ホイールハウス(タイヤハウスアーチ部分)に塗布してある樹脂層を剥離してから、鋼板部の制振に最も向いているレアルシルトを貼らないと効果が発揮されません。

 

201691911443.JPG

オデッセイRC1の例その1

201691911532.JPG

 

 

2015917154924.JPG

オデッセイRC1の例その2

 

2015613182715.JPG

CX-5の例ですが、制振作業の後に発泡系ウレタンシートをフェンダー側からホイールハウス・アッパーメンバー側へブリッジ状に貼り、遮音効果を高めています。

某店さんも何かと当店の施工方法を参考にしているようですが、後々に他店さんで作業の仕上がり具合を覗かれても恥ずかしくないようにしていただきたいものです。

201691911924.jpg

新発売!!の遮音材CSDB-30SFを使用した例

 

 

201561318406.JPG

樹脂製フェンダーライナーのデッドニング対策

どのクルマのフェンダーライナーも軽量に作られているため、タイヤの騒音を防ぐことが出来ません。。

対策としてはライナーの比重増しと言うか・質量増しと言うのか・正確な言い回しは僕には判りませんが、早い話し,ブチル系制振材を少し貼るだけで反響具合が軽減されると言う事です。

同時に遮音(防音)効果も高めるなら全面にブチル系制振材を貼ればいいのですが、片側のライナーだけで1Kg以上の重量増しになってしまうので,あまりお勧めはできません。。 

201561319125.JPG

ライナーの制振調整をしたら、次は軽量発泡ブチルシートを貼り、遮音&防音対策をします。

 

使用した商品名:遮音/防音マットCSDB-3(3mm)デッドニング/ロードノイズ対策/フェンダーライナー用 2枚セット

 

これで完了!

2016919111430.JPG

このコペンL880-KにはCSDB-5M(5mm厚)を使用しています。

 

 

 

2015620145039.jpg

不織布を固めたフェンダーライナーのデッドニング対策その1

(裏面に耐水コーティングをしてありツルツルしている場合)

2015620144354.jpg

よく泥や砂を落としてから脱脂をします

2015620144437.jpg

次に表面へノイズレデューサーをベタ塗りして染みこませます。

2015620145110.jpg

裏面へブチル系の制振シートを少し貼って振れ留め(共振)対策をします。

このようなフェンダーライナーの素材には足付け処理をしないと、どの様な制振材も確り貼り付かないので注意が必要です! 

201562015319.JPG

樹脂製のフェンダーライナー同様、遮音/防音マットCSDB-3(3mm)を貼れば施工前と比べてみれば雲泥の差がはっきり出ます。

 

201562015835.JPG

不織布を固めたフェンダーライナーのデッドニング対策その2

(両面がフェルトを高圧縮したような素材場合)

1)ノイズレデューサーを概ね1.5本分を両面へ染みこませます(片側)

2)次に遮音/防音マットCSDB-3(3mm)を貼る。

 

201561319181.JPG

一連の作業を行うとタイヤの騒音がかなり低く抑えられます

この後に室内側のデッドニング調整を行うのかを検討すればいいとおもいます。

費用対効果としては室内側の対策を先にするより共振元であるタイヤハウス内(ホイールハウス内)を先に改善したほうが常識的に考えても最良というものです。

追記:ホイールハウス周りの対策に加え、マフラーの遮熱板にもカーボンウールを貼り付けて遮音&遮熱すればコモリ音が激減します!

 

その2へつづく

 

最新ブログはこちらです

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cs-arrows.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/12

ページ上部へ