ホーム>職人こだわり部屋

職人こだわり部屋

謹賀新年 今年もよろしくお願いします。

202111104935.png

yarisuヤリスGRリアシートの外し方

お問合せが多いyarisuヤリスGRリアシートの外し方

 

大きいマイナスドライバー、若しくはバール及び10cm幅ぐらいのコンパネ等でシートを持ち上げれば外れます。

2020122394426.JPG

 

 

 

 

 

2020122394748.JPG

 

 

 

 

 

2020122394814.JPG

yarisドア内張りの外し方

yarisGRドア内張りの外し方

 

 

2020123123647.JPG

 

 

 

インナーハンドル周りのパネルは斜め上方向に外れます。

2020123123839.JPG

 

 

 

202012314348.jpg

 

 

 

202012615535.JPG

 

■DIYの方々へ、ヤリスGRのリアシートや各内張りの外し方で分からない事がありましたらお問合せください。

安全なCS.ARROWSジャッキスタンドPSJ-1(Jack stand)完成!

安全なCS.ARROWSジャッキスタンドPSJ-1(Jack stand)が完成しました♪

30年ほど前に溶接の講習を数日間受けましたが、流石に久しぶりの作業だっだので仕上がりはイマイチ!でも耐久性は上々です。たぶん

202012112640.JPG

 

 

 

202012112756.JPG

 

 

 

202012112826.JPG

 

 

 

20211412590.JPG

 

同業者様の中で欲しい方は一報ください。

安全なCS.ARROWSジャッキスタンドPSJ-1(Jack stand)

試作を数台作り、本日ようやく完成型”に近づきましたので紹介いたします! 当店のピットは奥行き幅が狭いので大きな車両が入ってきた場合、大型のフロアジャッキを前方から挿入することが出来ないので今回の様なジャッキスタンドを思いつきました。

2020112711036.JPG

 

 

 

 

①小型フロアジャッキに乗せます。

2020112711454.JPG

 

 

 

 

②メーカー指定のジャッキポイントへ合わせて持ち上げます。

2020112711655.JPG

 

 

 

 

③両脇のパンタジャッキを床まで下ろしてからフロアジャッキを外します。

2020112711923.JPG

 

 

 

 

安全性や強度は無論の事、ホンダ車を含めた国産車に対応するようにしました、片輪だけ持ち上げる場合と更に両輪を持ち上げた場合との安定性等を考慮してベース部分(土台)の大きさやセットする位置など変えたり色々試行錯誤しました。

これで車両を一晩中上げたままにしても安心です。

20201127111034.JPG

 

 

 

完成篇へつづく

 

 

 

ツィーター埋め込み!安全な円切方法について(同業者様向き)

安全な円切方法について

Aピラーにツィーターを埋める時 MDFボードでハウジングを製作することが多いのですが、安全に作業をすることができる工具、及び方法をお教えいたします。

20201011154241.JPG

20201022124745.JPG

20201011154714.JPG

 

 

20201011154827.JPG

20201011154950.JPG

20201011155421.JPG

⑥治具の製作は簡単なので作業の合間に製作してみては如何でしょうか。
治具用のトリマーはケーブル式の物が安いのですが使い勝手が悪いのでマキタの充電式の物を購入した方が賢明だとおもいます。

作業時の注意点は母材を治具のベースボードから一旦外してから別のトリマー等でスラント加工をし、再度戻して外周の削り出しに入るので位置がズレない様にピンタッカ、又はタッピングビスの位置を合わせられるように工夫してください。

 

20201015235151.JPG

「ランクルプラドの例」

ツィーターのハウジングをご覧のようにマウント加工します

20201015235542.JPG

 

20201015235935.JPG

仕上げにハニカムニット厚手生地を貼って完成です!

 

 

202010160645.JPG

この記事は同業者様の方々に より安全に作業をしていただく為にUPしたものです。

 

ロードノイズ対策ドア篇!間接音と直接音その2

その1で書いたようにロードノイズの根源はタイヤであり、その地面との接地(摩擦)ノイズがドア内に響くと共に窓ガラスの隙間(水切りモール周り)などから車室内に入り込んだものが間接騒音”として感じるためプロファイル加工ウレタンのように撥水性が比較的良い吸音材が必要になるとおもいます。
もちろんタイヤのノイズが車外へ発せられたものが窓ガラス及びサッシュ周りから入り込む直接音”を防ぐことはできないので 上記のような対策だけで満足できない場合には騒音レベルの低いタイヤに交換するしかないでしょう。
またEntryモデルのカーオーディオシステムであってもドア内の環境を整えるだけで音離れの良いスッキリした音になります♪

 

202062713645.jpg,

・大雑把な図ですがご勘弁ください。

2020627123122.JPG

・施工後2年ぐらい経ったインプレッサのドア内ですが、雨天走行後にも関わらずプロファイル加工ウレタン吸音シートSS1030の先端(山)部分が少し濡れているだけでした。

 

202062713826.jpg

・スイフトの例ですがアウター側へ制振及び吸音対策をし、車外から窓周りへ水を掛けてウレタンへの浸透具合を確かめてみましたが やはり先端(山)部分が吸水しただけでした。しかしスピーカーの後部へ水滴が落ちるのでインスト次第では対策が必要になります。

202062713911.JPG

・シトロエンの例。スピーカー後部が奥に張りだすようなユニット及びインスト方法の場合には雨水除けの傘は必ず必要となります。

 

※注意!プロファイル加工ウレタン吸音シートSS1030は必ずドアの上下から概ね15cmぐらい離して貼ってください。

 

 

忙しいので今日はこれでお終い・

ミシン目カッターでダンボールカッターを作る方法

ミシン目カッターを使って簡易ダンボールカッターを作る方法。

ネットショップARROWでも使っているダンボールを折り曲げ時に使うカッターです。。

 

[用意するもの]

・ミシン目カッター

・板きれ

・瞬間接着剤

・バイスプライヤー(洗濯ばさみ2個でもOK?)

 

これでも十分使えます!(笑

パーツは百均ショップでも500円程で揃うとおもいます。

各業界の皆さんも応用して製作してみてください。

【参考:100均ショップで揃う物の価格】
・ミシン目カッター 100円
・板、若しくは角材/100円
・瞬間接着/100円
・バイスプライヤー/200円

 

この段ボールカッターは折り曲げ時に使うカッター

少しでも送料を抑えるためには必ず役立ちます。

もう高額な折り曲げ用カッターは必要ありません!たぶん・

 

ロードノイズ対策(フルデッドニング)その2

【車室内の対策】

・ルーフパネル
・ルーフレール
・ルーフレインフォースメント
・ルーフトリム ・ダッシュパネル
・ダッシュボード内の吸音
・フロントボディーピラー(※Aピラーは含まず)
・センターピラー
・クォーターピラー
・フロントフロア~トランクorラゲッジフロア(フロアトンネル含む)
・フロアメンバー内の吸音
・リアホイールハウス/インナー&アウター
・リアホイールハウス/インナーガゼット内
・クォーターパネル
・トランクリッドorリアハッチゲート
・ドア&スライドドア

 

【車外周りの対策】
・フロントホイールハウス周り(タイヤハウス)
・カウルトップ内 ・ボンネット(フード)
・リアホイールハウス内
・マフラー遮熱板
 

ロードノイズはタイヤが路面と接地して起こる摩擦騒音が主な原因です。
その大元とも言えるホイールハウス周りの対策を先にやらなければ何も改善しません!
つまり車外周りの対策をしてから車室内側の対策をした方が費用対効果が高くなるというものです。
まぁ遮熱などの暑さ,寒さ対策を先にやりたいのなら別ですが、ロードノイズ対策と言いながらフロアのデッドニングを先に勧めるショップは詐欺と思え!です。

 

ロードノイズ対策ドア篇!間接音と直接音その1

20183211140.jpg

アウターパネル側の全面にプロファイルウレタンを貼り詰めています。(上部から10cm、下部から15cmぐらいは離す)

201832111218.jpg

吸音プロファイルウレタンはドアのヒンジ側へも貼り詰めています

 

 上記はC-HRのフロントドア、このデッドニング調整で使用した商材重量は片側で概ね900g程度に収めていますが、その吸音(遮音)効果&スピーカーの逆相音を拡散する絶大な効果には誰もが驚きます!
ロードノイズの根源はタイヤであり、その地面との接地ノイズがドア内に響くと共に窓ガラス(水切りモール等)の隙間などから車室内に入り込んだものが間接騒音”として感じるのでプロファイル加工ウレタンのように撥水性が比較的良い吸音材が必要になるとおもいます。
もちろんタイヤのノイズが車外へ発せられたものが窓ガラス及びサッシュ周りから入り込む直接音”を防ぐことはできないので 上記のような対策だけで満足できない場合には騒音レベルの低いタイヤに交換するしかないでしょう。。

ページ上部へ