ホーム>技術とサービス>メーカー別施工例>ホンダ>シビック>シビックFKカスタムオーディオ&フルデッドニングその1

シビックFKカスタムオーディオ&フルデッドニングその1

シビックFKカスタムオーディオ&フルデッドニングその1

2022827132355.JPG

シビックFKカスタムオーディオ&フルデッドニングその1

 

2022827132534.JPG

 

 

202291114211.JPG

セカンドシート外し方について

指でつまんでいる白い部分を手前に引くだけですが
かなりの力が必要となりますのでご注意ください。

 

202291114532.JPG

座席をあまり持ち上げずに隙間から細いドライバーを差し込めば指を傷めずに外せます。

 

202291115549.JPG

グローボックスのダンパーは奥に押せば簡単に外れますが装着する時が厄介です。。

 

202291115840.JPG

 

 

202291115936.JPG

0.5sq程度の配線を使えばダンパーに傷を付けずに済みます。

 

202292111129.JPG

クォーター上部のガーニッシュの外し方

 

20229211652.JPG

シリコンスプレーを塗布してから矢印方向へスライドさせれば簡単に外れます。

 

20229211125.JPG

ルーフ周りの制振調整の作業から始めます。

※この車の場合にはライナーを外に出すことが出来ません。。

 

202292111653.JPG

ルーフレール内にはカーボンを詰めます。

 

202292112018.JPG

次にライナーに振れ止め用のCSDB-3を貼ります。

※比重調整です。

 

202292112241.JPG

カーボンウールを貼った写真を撮り忘れましたが確り貼っています。

※カーボンウールはズレなければライナー裏に乗せるだけです。

 

2022115142216.JPG

マップランプ裏にはカーボンウールとの接触を避けるために絶縁シートを貼ります。
カーボンウールはアースになるので注意が必要です。

※球がLEDで発熱が少ないので絶縁シートはウレタンフォームを使用。

 

202291011529.JPG

ダッシュパネルの上部からFフロアに掛けてAero制振シートをキッチリ貼り詰めます。

 

202291011828.JPG

 

 

202291011857.JPG

フロアトンネル周りも遮熱及び こもり音対策の為にキッチリ貼っています。

 

2022910111023.JPG

RフロアにはSLIENT COAT/SC-M2-40制振シートを貼っています。

 

2022910111235.JPG

 

 

202291011132.JPG

走行中にサイドシルの内側の共振が大きくなるのでAeroシートをご覧のように貼ります。

 

2022910112152.JPG

各クロスメンバー内にカーボンウールを詰めます。

 

2022910112833.JPG

ガセット上部内には3Mシンサレートを詰めます。

 

2022928133226.JPG

 

 

2022928133336.JPG

 

 

2022910111715.JPG

制振調整の作業の次に遮音対策へ移ります。

ダッシュパネルにはCSDB-20SFを使用。

 

2022910111853.JPG

フロアトンネル側にはCSDB-5Mを使用。

 

2022910112012.JPG

フロアにはCSDB-3を使用。

 

2022928134029.JPG

ちなみに純正カーペットは厚手で良い物です。

 

2022910112647.JPG

・リアシート下
・ラゲージフロア
・リアホイールハウスインナー

上記にはCSDB-5Rを使用。

 

 

2022928135819.JPG

クォーターパネルにはプロファイル吸音ウレタンフォームSS1030(粘着付き30mm厚)貼り、右側のベントのみを塞ぎます。

 

※車種によっては左側のクォーターベントを塞ぎます。

 

 

 

その2オーディオ取り付け篇へつづく。

 

 

ページ上部へ