ホーム>技術とサービス>ロードノイズ対策&カーオーディオ取り付け>CX-3カーオーディオ&ロードノイズ対策その1
ロードノイズ対策&カーオーディオ取り付け

CX-3カーオーディオ&ロードノイズ対策その1

20181119114028.jpg

X-3カーオーディオ&ロードノイズ対策その1

「オーディオ関連」
・スピーカー/DS-G20
・パッシブクロスオーバー/オリジナル
・スピーカーケーブル/SHARKWIRE 銀コーティング線
・フリップダウンモニター/ALPINE RVA-9S-L-B
・ウェルカムランプ


「ロードノイズ対策」
・フルデッドニング

 

20181119114129.jpg

先ず、フロア周りの作業から。ソースユニットの外し方はご覧の通り

20181119114151.jpg

 

 

20181119114444.jpg

既存の遮音材を上部から切り取ります

 

20181119114537.jpg

 

 

2018111911466.jpg

ダッシュパネルからフロントフロアにかけてブチル系制振材を貼り詰めます。

 

2018111911478.jpg

各メンバーやフロントボディーピラー内にはカーボンウールを詰めます。

20181119114739.jpg

 

 

2018111911500.jpg

助手席側

 

2018111911520.jpg

 

 

20181119115232.jpg

フロアトンネル脇の窪みには段差を埋めるためにCSDB-20SF30SFを貼っておきます。

 

20181119115450.jpg

制振材の貼る量が多いように見えますがフロアに樹脂拘束層付きアスファルトシートが広範囲に敷かれているのでこの様になっています。

 

20181119115518.jpg

後部周りのメンバーや空洞内へもカーボンウールを詰めて遮音&遮熱対策をしておきます。

 

20181119115614.jpg

フロアとフロアトンネルの遮音&遮熱対策にはCSDB-5M、リアシート下はCSDB-3を貼っています。

20181119115641.jpg

 

 

20181119115749.jpg

ホイールハウスインナーにはCSDB-5M、ラゲッジフロアにはCSDB-5Rを貼って遮音対策をしています。

 

2018111913339.jpg

ラゲッジフロアセンター部の遮音は、マフラーのサイレンサー上部の遮熱板がリベットで固定されているため、最後に処理します。

 

201811191359.jpg

リアゲートハッチの対策
サイドガーニッシュはご覧のボッチを引けば外れます。

 

2018111913559.jpg

リアゲート周りで使用した商材
シンサレート
・レアルシルト
・カーボンウール
・CSDB-3
STP Aero制振シート

2018111913624.jpg

 

201811191370.jpg

 

 

2018111913742.jpg

ルーフ(天井)のデッドニング調整篇。アクリル系のレアルシルトで制振調整をしてから遮熱&遮音対策用のカーボンウール(炭素材)を貼れば完璧!(重量増しは概ね1090g

2018111913916.jpg

 

2018111913948.jpg

 

 

20181119131022.jpg

フリップダウンモニターの固定フレームはアルミのCチャンで製作しています。

20181119131053.jpg

 

 

20181119131153.jpg

トリム側の加工

20181119131218.jpg

 

 

20181119131314.jpg

ライナー後部には振れ止め用にCSDB-5Rを使用しました。理由は申しませんが皆さんはCSDB-3をご使用ください。

 

20181119131420.jpg

フリップダウンの取り付けプレートの高さを調整する金具の片側をルーフクロスメンバー(リインフォース)にビス留めします。これで悪路走行でもモニターが揺れることはありません!

20181119131629.jpg

 

2018111913173.jpg

 

 

 

 

 

 

当店も商売”なので核心部分は非公開にしていますのでご了承ください。



その2へつづく

 

 

ページ上部へ