ホーム>技術とサービス>メーカー別施工例>トヨタ>トヨタ ヤリス>トヨタ ヤリスのオーディオ&ロード対策その3

トヨタ ヤリスのオーディオ&ロード対策その3

トヨタ ヤリスのオーディオ&ロード対策その3

■ロードノイズ対策車外周り篇

・ホイールハウス

・マフラー遮熱板

・カウルトップ内

・ボネット


 

 

202184151754.JPG

フロントホイールハウス周りの対策から開始!

 

 

202184152542.JPG

CS.ARROWSオリジナルのジャッキスタンドPSJ-1を使うので安全にジャッキアップ!

 

 

202184152627.JPG

クッション性に優れた純正アンダーコートは半分だけ剥離し、残り半分の制振調整をします。

 

 

202184152650.JPG

 

 

 

20218415383.JPG

制振調整にはSTP Aeroシートを使用。

 

 

202184153831.JPG

フェンダーパネルとアッパーメンバー間にはCSDB-20SFを貼ります。

 

 

20218415392.JPG

フロントフェンダーエンクロージャー部もCSDB-20SFをはります。

 

 

20218416232.JPG

仕上げにEVE DESIGN 制振&防錆スプレーE-140を重ね塗りして完了となります。

 

 

202184155727.JPG

次にライナーもE-140を1回目に染みされる要領でベタ塗りし、2回目以降は数回重ね塗りして完了となります。

これで反響音が減ると共に泥はねで汚れても落ち易くなります。

 

 

2021841636.JPG

 

 

 

2021841693.JPG

次にリアホイールハウス内の対策

 

 

20218416617.JPG

既に車室内側のデッドニングは済んでいるので共振が抑えきれない部分の制振調整だけをします。

 

 

20218416645.JPG

不織布で形成されたフェンダーライナーはフロント側と同様に制振&防錆スプレーE-140を重ね塗りして完了となります。

 

 

202184161031.JPG

戻す前に既存のシンサレートを装着して完了となります。

これらの一連の作業で見違えるほど遮音効果が上がります!

 

 

202184161114.JPG

次にマフラー遮熱板の対策

サブサイレンサーの前方からカーボンウールを挟み込みます

※フロアパネルと遮熱板の間に隙間が空かないようにカーボンウールを挟み込みます。

 

 

202184161145.JPG

メインサイレンサー側の遮熱板の裏にもカーボンを使用。

これだけでマフラーのコモリ音がそれなりに抑えられます。

 

 

 

 

202186122121.jpg

マフラー音を少しでも抑える方法としてはパイプに直接カーボンウールを二巻きした上からサーモバンテージを巻き、更にその上からアルミネット又はステンネット等で覆う方法もあります。

※画像では遮熱対策が主なのでカーボンウールを一巻きした上にサーモバンテージを巻いています。

 

 

20218711513.JPG

 

 

 

202187121516.JPG

カウルトップ内のデッドニング篇

制振材のSTP Aeroシートを丁寧に逆L字に貼ります。

 

 

202187121619.JPG

次に遮音材のCSDB-20SFを制振材と同様に逆L字に貼ります。

 

 

202187121649.JPG

アンダーパネル側は制振調整だけして完了となります。

※水路になるため遮音材は貼れません。。

 

 

202187121713.JPG

 

 

 

20218712188.JPG

ボンネットのデッドニング篇。

インナーパネル側にはブチル系制振材のSTP Aeroシート、アウターパネル側はアクリル系制振材のレアルシルトを使用。

 

 

202187121847.JPG

ホール内には遮熱&遮音のためカーボンウールを多めに詰めます。

 

 

202187121934.JPG

 

 

 

 

202187122046.JPG

 

 

 

202187122142.JPG

フードライナー(インシュレーター)にはカーボンウールを乗せるだけで遮熱&遮音性が飛躍的に上がります。

 

 

202187122217.JPG

これで全ての作業は終了です。

 

 

202187122747.JPG

完璧な仕上がりのヤリスの完成!

 

おしまい。

 

ページ上部へ